PENTAX K-rのオーダーカラーとE233系 その3

DSCF2701.jpg
今回はオーダーカラーよりもむしろK-rそのもの機能の話を中心に。
記事書いたのは10月10日だが更新日は発売日にあわせておく。

10月7日にK-r発売。早速某量販店に触りに行って来た。

■秒6コマ連写
感想としてはまずやはり「連写が小気味良い」こと。これに尽きる。
最高約6コマ/秒のスペックで某C社の新型機より高性能で、実際に速かった。

鉄道写真に連写など必要ないかもしれないが、「いざという時」連写が役に立つこともある。
特にE233系を撮影する場合LEDの関係でシャッタースピード1/100や1/60でズーム流しを多用するがその場合は連写してOKカットを採用、という形になってしまう。1/125だと歩留まりがかなり上がるので一発切りでもいけるかもしれないが、1/100以下だとやはりきつい。
DSC_1480.jpg

あとは超望遠で影をかわす等
成功例と失敗例
DSC_1993.jpg

DSC_1547sharpness.jpg
このときだけは本当に連写が欲しいと思った。


■連続撮影枚数 RAWでも12コマ
なおK-rは連写性能もさることながら連続撮影枚数がRAWで12コマまで。
C社の「鉄道写真に最適」と言われ鉄道雑誌に必ず広告が載っている秒8コマ連写の機種がRAWで15枚なので全く遜色ない。今度出るN社の新型機に対しても勝っている。
また、同じPENTAXの上位機K-5のRAWで8コマより高いのには驚くが、バッファ部分のユニットが同じでデータ量がK-5より少ないことに由来するのだろう。


■「銀残し」
カスタムイメージに「銀残し」が追加された。これは結構気になっている。


■軽さ
そしてやはり軽いこと。これに尽きる。撮影時は重い方が安定するが、重いと持っていくのが億劫になり撮影機会の喪失に繋がるのである。
滅多に使わない高速連写機能のために重くなるのは勘弁。C社やN社の機種は何かとそういう傾向がある。


某量販店行ったついでにスナップをいくつか。
DSCF2868.jpg
0番台のH編成はLEDはともかく、連結面が絵になる。

手前の囲いは工事の関係だろうか。
DSCF2878.jpg

丁度横断歩道を通れたときのカット。
DSCF2873.jpg
DSCF2875.jpg
ユザワヤ(京王井の頭線の吉祥寺駅ビル)・アトレ吉祥寺垂れ幕は吉祥寺の象徴。


京王井の頭線はK-rと同様7色の電車が走る。
DSC_9888.jpg

この色も。
DSC_3998.jpg

でもこの電車は走っていない。
DSC_1976_1.jpg


ついでであるがT35が東小金井2番線で遅れた上り特急を待避していた。
DSCF2881.jpg
DSCF2883.jpg
DSCF2884.jpg
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

H43

Author:H43
サイトの管理人「H43」が撮影した写真や各種情報等をブログ形式でまとめております。
このサイトの写真・記事の著作権は特記なき場合は管理人に帰属します。無断転載はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
カテゴリ
春 (2)
秋 (7)
冬 (2)
お知らせ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード