中央線VS京王線

某雑誌でも取り上げられていた「ライバル同士」の比較を当ブログ独自の視線でやってみた。

※執筆途中、今後写真追加・差し替えも予定。

DSC_1930.jpgDSC_1970trimming.jpg


■日中・都心から八王子・高尾へ

中央線は東京始発の快速・中央特快を利用。
DSC_8395.jpg
青梅特快が最速列車の場合は立川等で乗換えを要する。

京王線は新宿始発の特急・準特急を利用。

京王八王子行きと準特急高尾山口または北野行き(北野から各停高尾山口)が20分間隔で交互に出ている。京王八王子へ行く場合は高尾山口または北野行きに当たった場合、北野で各駅停車に乗り換えれば良い。高尾へ行く場合はその逆。

特急京王八王子行き
DSC_0410.jpg

準特急高尾山口行き・北野行き
DSC_4535.jpg
DSC_2002.jpg


■日中・八王子・高尾から都心へ

中央線は高尾・八王子・高尾以遠始発の快速・中央特快を利用。
基本的に来た電車に乗れば良いが、途中で特快に抜かれる可能性もある。
DSC_9158.jpg


京王線は京王八王子始発の電車を利用。特急・準特急の場合はそのまま乗車、各駅停車の場合は北野で高尾山口始発の準特急に乗り換えることとなる。

京王八王子始発の特急新宿行き
DSC_0428.jpg

高尾山口始発の準特急新宿行き
DSC_3583.jpg


■朝ラッシュ時
時間帯にもよるが、中央線は通勤特快によって速達効果がある。それに対して京王線は急行が最速列車であり、中央線に軍配があがる。高尾線のめじろ台等→高尾で中央線乗り換え都心方面の流動が少なからずあることがそれを象徴している。

中央線の通勤特快
DSC_1930.jpg

京王線の朝ラッシュ時の急行
DSC_1552_2.jpg

■夕ラッシュ時
中央線は通勤快速が運転、京王線は準特急京王八王子行きが10分間隔で運転。
甲乙つけ難い。

中央線の通勤快速
DSC_8648.jpg


■都心~八王子で見た中央線・京王線の弱点

中央線は青梅方面への利用も多く、青梅特快の存在によりダイヤホールが発生するため八王子・高尾方面の利用者に部分的に不都合が生じている。
それに対し京王線は多摩センター・橋本方向は急行・快速でまかなっているので八王子・高尾方面の利用者は北野まで行先を心配することなく利用できる。

青梅特快
DSC_5731.jpg

急行橋本行き
DSC_0226.jpg


京王線は各駅停車は優等列車に何度も抜かれるので都心~八王子・高尾の通し利用には使いにくい。
その点中央線の快速は乗ってしまえば酷くても2本抜き程度なので苦痛なく通し利用出来る。

各駅停車
DSC_9405.jpg
は優等列車に抜かれる
DSC_9221.jpg

なお中央線の各駅停車は中野・三鷹までの総武線である。
早朝深夜には快速電車が黄色い表示で各駅停車で走る。

各駅停車東京行き
DSC_3544_1.jpg


■最後に

ここでお気づきになられた方々も多いと思うが、何となく違和感を感じる方々も多いのではなかろうか。何故ならばここに出てくる「中央線」の写真はE233系ばかりで、1本だけ残りながらも強烈な存在感を誇示し続けている「オレンジ色の中央線」201系の存在が無視されているように見えてしまう。
某雑誌でも201系の写真の掲載がなく、その点が非常に残念だった(そのことがこの記事を執筆するきっかけになった)。

1本だけ残る201系
DSC_5214.jpg
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

H43

Author:H43
サイトの管理人「H43」が撮影した写真や各種情報等をブログ形式でまとめております。
このサイトの写真・記事の著作権は特記なき場合は管理人に帰属します。無断転載はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
カテゴリ
春 (2)
秋 (7)
冬 (2)
お知らせ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード