スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青梅線踏切事故及びその後の影響

残念なことが起きてしまった。

去る9月8日18時半頃に青梅線の東青梅~青梅間の踏切で上り電車とトラックとの衝突事故が発生した。
事故に遭ったのは上り1816デの青661+青466編成である。
青661編成の東京側先頭部分及び1両目~5両目の海側側面が大きく損傷したものの、幸い電車の乗員乗客に怪我はなかった。負傷者がいなかったのは衝撃吸収構造が働いたことも関係していると思われる。

青661編成は河辺駅側線に留置され応急措置を施された後、武蔵小金井区を経て大井の東京総合車両センターまで自走し入場した模様。
復帰には車体新造等の可能性もあるため、長期間を要する見込み。

なお青661編成(及び青466編成)が運用離脱したことにより6両の予備編成がなくなり、青梅・五日市線内の車両運用に影響が出ている。
9月11日に青667編成が車両故障を起こしたため、17デが所定10両のところを4両で運転された。

立川に到着する1916デ。4両である。
DSC_4567.jpg
折り返し2017デとなる。
DSC_4571.jpg
4両とだけあって相当の混雑である。
DSC_4574.jpg
103系時代は立川口でも4両運用が当たり前であり、帰宅ラッシュ時の立川口にも4両が存在し相当の混雑であったが、それが再現された形となってしまった。


被災した青661編成には、このH5(H14)編成のように奇跡の復活を遂げることを願ってやまない。(H14編成は大月事故で被災したが復活)
DSC_1205.jpg
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

H43

Author:H43
サイトの管理人「H43」が撮影した写真や各種情報等をブログ形式でまとめております。
このサイトの写真・記事の著作権は特記なき場合は管理人に帰属します。無断転載はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
カテゴリ
春 (2)
秋 (7)
冬 (2)
お知らせ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。