西武30000系10両逆組成と武蔵丘公開

DSC_4187.jpg
6月7日、西武鉄道の武蔵丘車両基地の公開イベント「西武・電車フェスタ2009in武蔵丘車両検修場」が開催された。
それにともない30000系8+2の10両編成による臨時電車が運転されたが、8両と2両の連結順序が通常と逆で運転され、2両編成の前パンが中間に連結される格好となった。

西武新宿発武蔵丘行きの臨時電車。逆組成で2両が先頭となっている。行き先は「急行 飯能」。
DSC_4180.jpg

飯能にて。前パンが中間に挟まっている。
DSC_0585.jpg
逆組成での営業運転は初めてとのこと。
このまま営業運転されるかどうか注目したい(が、後述するように心配事もある)。

臨時電車の反対側のHM。
DSC_0575_1.jpg

臨時電車の車内液晶(スマイルビジョン)。飯能~武蔵丘ではこのような表示であった。
DSC_0588+.jpg

そのまま屋外で展示された。
DSC_4189.jpg
その後、武蔵丘公開からの帰宅客の武蔵丘~飯能をピストン輸送を担当した模様。


武蔵丘で公開された中から他に少しだけ。
新101系付属2両が原色に塗り直されて展示されていた。
DSC_0594_1.jpg


余談ではあるが、逆組成で個人的に心配しているのは「付属編成の前パンのパンタ汚れが基本編成のおでこにつくこと」である。
(またしても京王6000の写真で申し訳ない)

付属編成をきりななすと・・・
DSC_3897.jpg
DSC_3900.jpg

このようにおでこが汚れているのが分かる。
DSC_3999.jpg

なお、逆組成の場合は一般的な問題として「池袋側から2、3両目にデッドスペースが出来ることによる池袋口での混雑の問題」、趣味的な問題として「前パンでなくなる」こともある。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

H43

Author:H43
サイトの管理人「H43」が撮影した写真や各種情報等をブログ形式でまとめております。
このサイトの写真・記事の著作権は特記なき場合は管理人に帰属します。無断転載はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
カテゴリ
春 (2)
秋 (7)
冬 (2)
お知らせ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード