スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央線VS京王線

某雑誌でも取り上げられていた「ライバル同士」の比較を当ブログ独自の視線でやってみた。

※執筆途中、今後写真追加・差し替えも予定。

DSC_1930.jpgDSC_1970trimming.jpg


■日中・都心から八王子・高尾へ

中央線は東京始発の快速・中央特快を利用。
DSC_8395.jpg
青梅特快が最速列車の場合は立川等で乗換えを要する。

京王線は新宿始発の特急・準特急を利用。

京王八王子行きと準特急高尾山口または北野行き(北野から各停高尾山口)が20分間隔で交互に出ている。京王八王子へ行く場合は高尾山口または北野行きに当たった場合、北野で各駅停車に乗り換えれば良い。高尾へ行く場合はその逆。

特急京王八王子行き
DSC_0410.jpg

準特急高尾山口行き・北野行き
DSC_4535.jpg
DSC_2002.jpg


■日中・八王子・高尾から都心へ

中央線は高尾・八王子・高尾以遠始発の快速・中央特快を利用。
基本的に来た電車に乗れば良いが、途中で特快に抜かれる可能性もある。
DSC_9158.jpg


京王線は京王八王子始発の電車を利用。特急・準特急の場合はそのまま乗車、各駅停車の場合は北野で高尾山口始発の準特急に乗り換えることとなる。

京王八王子始発の特急新宿行き
DSC_0428.jpg

高尾山口始発の準特急新宿行き
DSC_3583.jpg


■朝ラッシュ時
時間帯にもよるが、中央線は通勤特快によって速達効果がある。それに対して京王線は急行が最速列車であり、中央線に軍配があがる。高尾線のめじろ台等→高尾で中央線乗り換え都心方面の流動が少なからずあることがそれを象徴している。

中央線の通勤特快
DSC_1930.jpg

京王線の朝ラッシュ時の急行
DSC_1552_2.jpg

■夕ラッシュ時
中央線は通勤快速が運転、京王線は準特急京王八王子行きが10分間隔で運転。
甲乙つけ難い。

中央線の通勤快速
DSC_8648.jpg


■都心~八王子で見た中央線・京王線の弱点

中央線は青梅方面への利用も多く、青梅特快の存在によりダイヤホールが発生するため八王子・高尾方面の利用者に部分的に不都合が生じている。
それに対し京王線は多摩センター・橋本方向は急行・快速でまかなっているので八王子・高尾方面の利用者は北野まで行先を心配することなく利用できる。

青梅特快
DSC_5731.jpg

急行橋本行き
DSC_0226.jpg


京王線は各駅停車は優等列車に何度も抜かれるので都心~八王子・高尾の通し利用には使いにくい。
その点中央線の快速は乗ってしまえば酷くても2本抜き程度なので苦痛なく通し利用出来る。

各駅停車
DSC_9405.jpg
は優等列車に抜かれる
DSC_9221.jpg

なお中央線の各駅停車は中野・三鷹までの総武線である。
早朝深夜には快速電車が黄色い表示で各駅停車で走る。

各駅停車東京行き
DSC_3544_1.jpg


■最後に

ここでお気づきになられた方々も多いと思うが、何となく違和感を感じる方々も多いのではなかろうか。何故ならばここに出てくる「中央線」の写真はE233系ばかりで、1本だけ残りながらも強烈な存在感を誇示し続けている「オレンジ色の中央線」201系の存在が無視されているように見えてしまう。
某雑誌でも201系の写真の掲載がなく、その点が非常に残念だった(そのことがこの記事を執筆するきっかけになった)。

1本だけ残る201系
DSC_5214.jpg
スポンサーサイト

マト3出場

DSC_1969.jpg
DSC_1993.jpg
LEDは残念ながらシャッター速度1/125まで下げないと写らない。
1/125だとたまに切れるしゆらぎ等もあるので連写もある程度使う必要があるのでは、と気の弱いことを言っている。

マト2もいつのまにか営業運転開始。
DSC_2001.jpg

ケヨ509配給

牽引はEF64 1030。
DSC_1982.jpg
ロクヨンセン牽引の5000番台撮ったのは実は初めてだ。


こちらは89レ。
DSC_1978.jpg
中央で撮れなくなる冬場はここやヒガシウラが良いのかな。

こちらは中央で撮った89レ
DSCF2370.jpg

相鉄11000系撮影

LEDを写せるシャッタースピードは運行番号1/60、行先表示1/125までOK。
DSC_5129.jpg
DSC_5143.jpg
しかし1/125だと時々切れることがある。

いきなり来たので切ったカット。
DSC_5098.jpg

これも追加で。
DSC_5134_1.jpg

やはり10000系の方がデザインが良いように思う。
DSC_5103.jpg

でも相鉄で一番気になるのは7000。
DSC_5137_1.jpg
DSC_5125.jpg

それは、コイツらとよく似ているから。
DSC_2389.jpg
DSC_5096.jpg

若葉台入場と出場

ATCのついていない6000系は若葉台へは9000系や7000系2連のエスコートで行くようだ。

6411F、6412Fは9000系8連のエスコートで若葉台出場、高幡へ回送。
(相模原線内では9000系が先頭)
DSC_5072.jpg
DSC_5375.jpg
9030が刺さったり、パンタ処理が上手くいかなかったりしたのでリベンジしたいところ。

6717Fは7000系2連のエスコートで若葉台へ回送。
DSC_5361.jpg

直後の若葉台にて
DSC_5365.jpg
今回のは入場ではなく廃車回送で、これで廃車との話が有力だが、信じたくないものである。

ケヨ51トタ区へ

DSC_5277.jpg
DSCF2303.jpg
DSC_5280.jpg

新浦安・ケヨなネタ

新浦安、換算300mmアングル。
E233ではないがケヨ6が上手く行ったので。
DSC_5013.jpg
ケヨ502を撮りたいところ。

201系ケヨ51編成が疎開中のラシ区よりトタ区へ。8月22日の中央線201系さよならイベント関連。幕が「回送」となっている。
DSCF2303.jpg
本来一緒にトタ区出張するはずだったケヨK1編成は単独で新習志野に帰った模様。先日のK2+52編成故障の関係だろうか。

マト2編成出場

マト2編成が出場。ようやくマト1に仲間が出来た。
DSC_1873trimming.jpg
府中本町にて。
(少々傾いたので傾き補正トリミング済)

なお、LEDはシャッタースピード1/400まで写るタイプ。


直前にやってきた入場配給。
DSC_1870.jpg
本来マト2の後にやってくるので知らずに撮らずに終わったところだが、マト2が遅れてきたために撮れたという・・・。

今日のNo.7

今日のNo.7にケヨ501編成が入りました。
普通西船橋行きに充当されます。
DSC_1902trimming.jpg
(トリミング済)
6時を過ぎるとさすがに影をかわすのがきつくなりますね。

それでもこれ撮ったときよりは全然マシですね。
DSC_2757.jpg

車内のLED表示。
DSCF2139.jpg

折り返し各駅停車新習志野行きに充当されます。
DSCF2151.jpg
DSCF2141.jpg

今日のNo.23

今日のNo.23にケヨ502編成が入りました。
DSC_4982_1.jpg
DSC_4999_1.jpg
HM編成の快速誉田行きの走行写真をまともに撮ったのは初めて。というより滅多に見れないので、撮影出来て良かったです。

こちら、太陽がフレームインしています。
DSC_4971.jpg

なるかつをギリギリの露出で狙ってみました。
DSC_5003.jpg
写真がとんでもないことになりましたが記録ということで…。

この前撮った時の方が条件はぐっと良かったです。
DSC_4392+.jpg

6717F+6412Fの地味な活躍

平日の場合だが、ここ最近は朝のみ地味な各停運用に入ることばかりだ。

各停高尾山口行き
DSC_4857.jpg

折り返し各停高幡不動行き
DSC_4862.jpg

千代田線向けメトロ16000系甲種輸送

千代田線向け16000系が登場。
甲種輸送されたシーン。
DSC_4751_1.jpg
DSC_4755.jpg
DSC_4752.jpg

今後はE233系2000番台や小田急4000形と競演することとなろう。
DSC_2163.jpg
DSC_3102.jpg
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

H43

Author:H43
サイトの管理人「H43」が撮影した写真や各種情報等をブログ形式でまとめております。
このサイトの写真・記事の著作権は特記なき場合は管理人に帰属します。無断転載はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
カテゴリ
春 (2)
秋 (7)
冬 (2)
お知らせ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。