スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝練~あけぼのの光~

DSC_0242_1.jpg
DSC_0014_1.jpg
DSC_0100.jpg
朝練。この前までは日陰でこそこそと戦っていたが、やはり日を当ててなんぼの世界だ。
お日さまが当たる場所を探し、さまようこととした。

続きを読む »

スポンサーサイト

E233系~2010年3月ダイヤ改正前後のうごき

2010年3月改正前後におけるE233系及び関係する各形式についてのうごきを、各雑誌からの情報を元に記述する。
DSC_0195_1.jpg


DSC_8395.jpg
中央線については2010年3月ダイヤ改正後もE233系による統一はなく、201系が運用継続されるとのこと。

三鷹~国分寺の高架化工事完成により中央線の運用数が削減されるため、
201系は3月改正で引退の予定であったが、予備車確保の関係で暫くの間運用継続の模様。
E233系0番台を新たに製造して置き換えるとのこと。
DSC_8243.jpg

E233系統一によるスジの見直し、H編成・青編成統合等は来年度以降に持ち越されることと思われる。


DSC_0106trimming.jpg
京浜東北線については1月で209系が引退、E233系に統一される。

209系については1月17日よりウラ52に引退を記念したヘッドマークが装着されている。
DSC_0144.jpg
DSC_0118.jpg
DSC_0121_1.jpg

E233系統一によるスジの見直し等については不明。


京葉線については夏頃よりE233系が運用開始するとのこと。
順次205系、201系を置き換えていくこととなる。
DSC_5912.jpg
DSC_4633.jpg


ついでに、一番上の表紙と同様な写真を1枚。
影がきついのはどこも一緒・・・。
DSC_1552_2.jpg

6715F運用離脱

6715Fが運用離脱した。
1月18日月曜日朝に車両故障を起こして、そのまま若葉台へ回送→運用離脱となった。

写真は「年末年始輸送 安全総点検」ヘッドマーク付きで活躍する姿(再掲)。
DSC_9893.jpg
DSC_9209.jpg

8728F(及びクハ8814を供出した8714F-8814F)が運用復帰し編成数に余裕が出たことも背景にあると思われる。

京王8714Fが変則編成で運用復帰

8728Fにクハ8814を供出した8714Fが新造車サハ8564を組み込んで運用復帰。

クハ8814の位置にサハ8564が組み込まれ、クハ8764と連結されている。
DSC_0172.jpg

サハ8564のクハ8764側(新宿側)の貫通路は塞がれている。
DSC_0163.jpg
一般の方々からも注目の的であった。

サハ8564のドアは東急5000系の最近の車両のタイプ。
DSC_0165.jpgDSC_0177.jpg

東急8090系秩父鉄道譲渡甲種

東急8090系秩父鉄道譲渡にともなう甲種輸送が行われた。8091Fが秩父7501Fとして譲渡。
8090系は当初東横線で活躍していたが先頭車が非貫通のため8590系に置き換えられ、8090系先頭車は大井町線で活躍している(その8590系先頭車も大井町線・田園都市線に転属)。


今回の甲種輸送は鉄道ダイヤ情報に掲載されたためか、広い年齢層でファンが多かった。

八王子で留置。背後の横浜線とラインカラーがよく似ている。
DSC_0050.jpg

EF64-1010が牽引。
DSC_0053.jpg
DSC_0064_1.jpg

奥多摩そばが写りこむ。
DSC_0065.jpg

こちらは大井町線で活躍する8090系(8083F)
DSC_0931.jpg
DSC_0932.jpg

ジャイアンツカラーの阪神顔 8523Fの8502

阪神8000系8523Fの元町側8502はジャイアンツカラーにして阪神顔である。
DSC_9687.jpg

阪神大震災の被災からの復旧で8201Fと8223Fを組み合わせた(さらに8523を新造した)結果である。
DSC_9675.jpg

風前の灯の赤胴・阪神顔との並び
DSC_9682.jpg

梅田側は普通の8000顔である。(8523側の写真がないので8215Fで代用...)
DSC_9734.jpg

ヘッドマーク編成 百花繚乱 番外編

ここでは「ヘッドマーク編成 百花繚乱」及び「続 ヘッドマーク編成 百花繚乱」で紹介できなかった通勤快速の写真を中心に、E233系以外も含めて様々な写真を取り上げてみたい。

T11、T23、T39の通勤快速。
DSC_8648.jpg
DSC_8981.jpg
DSC_8582.jpg

こちらはT23の高尾行き。
DSC_8610.jpg


私鉄でもっともヘッドマーク編成が百花繚乱と言えるのは阪急電鉄。

神宝線
DSC_9824.jpg
DSC_9830.jpg
DSC_9839.jpg
DSC_9770.jpg
DSC_9778.jpg

京都線
DSC_9672.jpg
DSC_9524.jpg
DSC_9807.jpg

阪急以外の私鉄も。
DSC_9729.jpg
DSC_9392_2.jpg
DSC_9400.jpg
DSC_9724.jpg
DSC_9737.jpg

もっとも目立っていたのはやはり都営地下鉄だろうか。
DSC_9387.jpg

締めはやはり6715Fで。1枚目は影のきつさにやられた。
DSC_9874_1.jpg
DSC_9893.jpg

T4編成の高尾側クハ、編成番号標記なし

T4編成の高尾側クハ前面、編成番号標記がなくなっている。
乗務員扉の編成番号標記は存置。
DSC_9969.jpg

私鉄では元々編成番号は標記されない会社も多い。
車両番号で代替できることが多いからであろう。
DSC_9994.jpg

ただ、その車両番号がヘッドマーク等で隠れてしまうこともある。
この場合はどうやって編成を認識しているのか興味ある。
DSC_9770.jpg
DSC_9807.jpg

さようなら207系

あの207系がついに旅立った。
DSC_9881.jpg
DSC_9884.jpg
中央本線を長野まで釜牽引で廃車回送。

207系は国鉄最後の新車、国鉄最初のVVVF車両であった。
登場以来、常磐緩行線では圧倒的な存在感を示していた。
個人的にも愛着ある車両だったため廃車は残念である。

廃車回送の少し前に国鉄型車両が連続して露払いしていったのが印象的だった。
DSC_9876.jpg
DSC_9877.jpg


以下、現役時代の写真を。(上2枚は再掲)
DSC_8008.jpg
DSC_7921.jpg
DSC_5606.jpg
DSC_5610.jpg
DSC_5611.jpg
DSC_5644.jpg

こちらはさよなら運転時の写真。(トリミング済)
DSC_8374trimming.jpg

あけましておめでとうございます

平成22年 元旦
あけましておめでとうございます。
DSC_7673_1.jpg
本年も当ブログをよろしくお願いします。
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

H43

Author:H43
サイトの管理人「H43」が撮影した写真や各種情報等をブログ形式でまとめております。
このサイトの写真・記事の著作権は特記なき場合は管理人に帰属します。無断転載はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
カテゴリ
春 (2)
秋 (7)
冬 (2)
お知らせ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。