スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマトゥイ→ウルムチ国際列車


中国ウルムチとカザフスタンのアルマトゥイの間に国際列車が走っている。このうち中国担当分が伊寧コルガス経由で時間短縮された。
復路の103C/K9796次に乗車したので記録。





全て25G系軟臣人車である。車内は

 

いろいろな情報があるが、今回の乗車では
0835アルマトゥイ2駅発車。
0855アルマトゥイ1駅到着、機関車付け替え方向転換して0922発車。
車窓は単調である。


イリ川を渡る。
1349カザフスタン側国境駅アルティンコル駅到着。
 
1450カザフスタン側国境検問所到着、パスポートチェック後ずっと待たされ1807発車。

以下中国時間


2017中国国境手前で停止しすぐ動く、2021-24中国側検問所。

2030頃コルガス到着、2200くらいに下ろされて入国審査、2300時点で台車交換中、2302にY952次が先発(ウルムチ0742着)。

2417入線。

乗車したらすぐ寝た、起きたらウルムチ付近。

翌日0941ウルムチ駅通過。こちらの駅のがセキュリティチェックに合った構造になっており何かと便利なのだが。

0954ウルムチ南駅到着した。

この駅、昔ながらの構造でセキュリティチェック厳しくしてるからやたら構造に無理が生じてる。

中国側からアルマトゥイへの切符が買えると言われる「亜欧酒店」をウルムチ南駅の隣に確認。
スポンサーサイト

テハチャピループ線


ロサンゼルス付近のもう一つの鉄道名所とも言えるテハチャピループ線に行ってきました。

遠くに列車が見えます。コンテナたくさん。
BNSF@tehachapi20170318_115515tooku.jpg

ループ線の右側に来ました。ループ線の向こう側もオメガループになってたりします。
BNSF@tehachapi20170318_115845migigawakita.jpg

手前に見えるトンネルの向こう側に列車が来てます。
BNSF@tehachapi20170318_120028tunnelmukou.jpg

列車がトンネルを出てきました。
BNSF@tehachapi20170318_120129tunneldeta.jpg
BNSF@tehachapi20170318_120218tunneldeta.jpg

ついに一周。
BNSF@tehachapi20170318_120345isshu.jpg
BNSF@tehachapi20170318_120410.jpg

さらに手前側に機関車が。
BNSF@tehachapi20170318_120453.jpg

機関車が目の前を通過。
BNSF@tehachapi20170318_120518.jpg

列車はさらに続き、ようやく最後尾が。
BNSF@tehachapi20170318_120616saikoubi.jpg

峠を下る列車もやってきます。
BNSF@tehachapi20170318_121628kudari.jpg

信号待ち(ポイント切り替え?)で停車。
BNSF@tehachapi20170318_121952tomatta.jpg

先頭がトンネルに入ろうとしてます。
BNSF@tehachapi20170318_122529sentoyoko.jpg

列車の最後尾が目の前を通過。列車は蛇のようにトグロを巻いています。
BNSF@tehachapi20170318_122640kudarisaikobi.jpg

他にも、補機つきプッシュプル貨物列車の先頭本務機(手前)と最後尾補機(最後尾)が同時に見えるシーンも。
BNSF@tehachapi20170318_132543hoki.jpg

道路の上からでも撮影できます。
BNSF@tehachapidoro20170318_130502.jpg

帰りに貨物を追い越したので途中で撮影。
BNSF7311@Tehachapi-MojaveIMG_2204.jpg

途中のモハベの信号場でもまた撮影。
停車中の列車も。
UP@MojaveIMG_2208.jpg

件の列車がほどなく到着し、発車していきました。
BNSF7311@MojaveIMG_2209.jpg
BNSF@Mojave20170318_144825.jpg

代わりにこれもやってきました。
UP4843@mojave20170318_145807.jpg

テハチャピループ線の位置はGoogleMapだと以下の通り。テハチャピ市街の少し西北にあります。
青いマークの駐車スペースそばが記念碑で、その周辺からも撮影可能ですがトンネルは見えません。
記念碑の近くに木が一本立ってる広場があり(GoogleMapからも分かる、車は入れない)、その先の丘がお立ち台です。
C7Oa-RwVsAAOemNScreenshot_20170318-124711.jpg
kinenhi@tehachapi20170318_104825.jpg
otachidaiiriguchi@tehachapi20170318_124021.jpg

カホン峠

ロサンゼルス近郊の全米屈指の有名撮影地カホン峠へ行ってきました。
参考URL
http://spazioinwind.libero.it/cajon/fbasics.htm
ほか、GoogleMap上の日本人有志の方のカホン峠まとめ

先ほどの速報も含めてカホン峠のオメガループ南側からのものを。

BNSFがやってきた。
BNSF7754IMG_2086.jpg
BNSF7754IMG_2087.jpg

反対側からも。
BNSF5494IMG_2090.jpg
BNSF5494IMG_2091.jpg
BNSF5494IMG_2093.jpg

たまーに手前の線路からUPもやってきます。
UPIMG_2099.jpg

手前側の線路、軌陸車も。
kirikushaIMG_2061.jpg
kirikushaIMG_2062.jpg
kirikushaIMG_2063.jpg


カホン峠南側のオメガループ西側にて

丘を登るとなんとか内側の線路を走る列車が撮れます。
UP8768IMG_2109.jpg
UP8768IMG_2112.jpg

反対側はSカーブになってます。
UPkobuhokiIMG_2104.jpg


カホン峠サミット付近のサミット付近の信号場にて

ちょうどBNSF列車が止まっていました。
BNSFUPIMG_2116.jpg

後ろから来たUP列車と並び
BNSFUPIMG_2119.jpg

止まってる方もハイビーム点灯でこちら側に出発する模様。
BNSFUPIMG_2120.jpg

引いて撮る
BNSFIMG_2122.jpg
BNSFIMG_2123.jpg
もっと引いてもっと近づきたいけどそれやると崖から落ちます。

ほどなくUPも発車。
UPIMG_2129.jpg

手前に見えるのが峠を上る列車、奥に見えるのが先ほどのBNSF。UPは山影で見えません。
BNSFBNSFIMG_2132.jpg

直後にすれ違いました
20170315_162042_14896404570210.jpg

ダブルスタック同士のすれ違いは圧巻です
20170315_162109_14896411788191.jpg


撮影中は暑かったものの、保線や同業の方が車から手を振ってくれたりとなかなか楽しかったです。

アメ鉄(速報)

レンタカーが高速でうまく走らない、カメラのイメージセンサのゴミが見つかる、等々のトラブルに見舞われてますが、生きてます。
データが消えるトラブルに見舞われる前にアップします。

ロサンゼルス近郊のカホン峠。
BNSFIMG_2068.jpg
BNSFIMG_2077.jpg
BNSFIMG_2057.jpg

シドニーで撮り鉄

オーストラリアに行ってきて、シドニーで撮り鉄出来ました。

Lidcombeという駅(シドニーオリンピックスタジアムへの線が分かれる)で撮り鉄。

旧型の2階建て通勤車両
@LidcombeIMG_3053.jpg

@LidcombeIMG_3081.jpg

こちらはちょい新しめ
@LidcombeIMG_3089.jpg

新型。この型はあんまりよい写真撮れませんでした
@LidcombeIMG_3041.jpg

一番多いのはルミナリエじゃなかったヒカリエ4110Fみたいな車両。
@LidcombeIMG_3065.jpg

@LidcombeIMG_3046.jpg

手前の線は快速線になっていて通勤電車も走りますが近郊列車や貨物が主。
撮りにくいですがなんとか撮ることは可能。

@LidcombeIMG_3042.jpg

でも貨物はやはり後ろが切れてしまいますがな。
G513@LidcombeIMG_3072.jpg
8205@LidcombeIMG_3084.jpg
1432@LidcombeIMG_3051.jpg
ドイツ釜もいる。

ハーバーブリッジを渡る列車。
@harborbridgeIMG_3097.jpg

そしてハーバーブリッジとオペラハウスは、やはり絵になる。
harborbridgeIMG_3103.jpg
harborbridgeandoperahouseIMG_3011.jpg
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

H43

Author:H43
サイトの管理人「H43」が撮影した写真や各種情報等をブログ形式でまとめております。
このサイトの写真・記事の著作権は特記なき場合は管理人に帰属します。無断転載はご遠慮下さい。

月別アーカイブ
カテゴリ
春 (2)
秋 (7)
冬 (2)
お知らせ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。